副業最大の失敗を切り抜ける

Pocket

こんにちは
ビジネスコーチたかぎけんじです。

今日もお読みいただいてありがとうございます!

ぼくは、ビジネスコーチとして
これまで 延べ人数で300人以上の
ビジネスパーソンをコーチングしてきました

1対1でビジネスパーソンのクライアントさんと
対話をするコーチングセッションは
これまで3,800回以上をこなしてきました。

その中の多くは
経営者さん、起業家さん、そして副業をやっている方たちなどです

そして、
これから副業を始めたい起業をしたいと言う方たち向けの
セミナーの講師をやり始めてそろそろ8年になります

このセミナーをやっていて感じることがあります

その一つは
「副業」における一番の失敗は

「いつかやろう」と思い始めて、何もせずに10年経っちゃった
とか
起業の本を初めて読んだのは5年前
それからいろいろなビジネスの本を読んできたけどまだ何もやっていない
とか
会社の仕事が忙しくなっちゃって、
自分なりにやってた副業を途中でやらなくなっちゃって

といったパターンです

つまり、副業の世界で一番多くの方が
引っかかるハードルは

一言で言うと
「何もやらなかった」とか「途中でやめちゃった」
ということなんです。

一番多いのは
興味があるけどやっていない人

ちょっとやってみたけど続かなかった人
と言っても良いでしょう。

こういう失敗をしない人の特徴は3つ

ひとつめは
いい意味で、しつこいこと
2つ目は
環境をうまく整えていること
3つ目は
仕組みをうまく作っていること

この三つです。

今日のお話を動画でみたい方はこちら

はじめにまとめておきます
副業における最大の失敗って

実は
「何もやらなかった」とか「途中でやめちゃった」
ということだったりします。

こういう失敗をしない人の特徴は3つ

ひとつめは
いい意味で、しつこいこと
2つ目は
環境をうまく整えていること
3つ目は
仕組みをうまく作っていること

この三つです。

それでは、具体的にお伝えしていきます。

今お読みいただいている方はすでにお気づきだと思いますが

副業の最大のメリットは
会社を辞めることによって生まれるリスクがないこと

たとえば
収入が安定している
とか
起業することへの家族の同意を得やすい
とか
失敗を恐れずにやりたいことに、チャレンジできる
といったことだと思います。

だけど
そのメリットと裏腹に大きなリスクをはらんでいるのです
それは

・気力や体力が続かない
とか
・家族サービスが犠牲になる
とか
・今のままでも生活できる
とか
・途中でやらなくなっても困らない

といった
始められないもっともらしい理由や
続けられないもっともらしい理由
そして
途中でやめてしまうもっともらしい理由
が、たくさんあるんです

ですが
ぼくが、これまでにお手伝いをしてきた方たちには
実際に副業をやるって決めて
具体的に行動をして
副業で稼げるようになった方たちも
ちゃんといらっしゃいます。

では、実際に稼げるようになっている人たちって
どんな人が多いのでしょうか?

ぼくが感じるのは3つのポイントです

ひとつは
いい意味で、しつこいこと
2つ目は
環境をうまく整えていること
3つ目は
仕組みをうまく作っていること

この三つです

今日は、ひとつめの
いい意味で、しつこいこと
についてお伝えします。

いい意味でしつこいとは
言い換えると
あきらめが悪い
とか
自分で決めた期限にいい意味で縛られない
と言うことです

もうちょっと具体的におつたえしますね

副業でやっていると言うことは
かならず、お勤め先のお仕事があります

そして、よっぽど肝が座っていない限り
ほとんどの人は、お勤め先の仕事を優先しますよね

ぼくも、今のビジネスを副業でやっていた時に経験があります
ちょっと長めの海外出張などがあると
その出張の準備期間から、帰国後の後片付け的な仕事などで
比較的長い時間副業が疎かになりやすいです。

こういう時期を経た後に
また、副業に戻ってこれるかどうがが
一つのポイントになります。

他にも
お子さんがいらっしゃるような方だと
とくに、お子さんが小さい時だと
ライフステージによって家族の形って
変化しますよね

子どもが幼稚園に入園した
子どもが小学生になった
子どもが反抗期になった

こういった変化で、家族の中での
自分のあり方や振る舞いは変化させる必要がありますよね

こんなふうにして
家族の中での自分の立場が変わった後で
また、副業に戻ってこれるか
これもポイントです。

もちろん、今ご紹介した
外的要因だけではありません
自分の中の、心理的要因もあります
心の変化ですね

これも、ぼく自身にも経験があります

ぼくが「副業をやりたい」と
副業に目が向くようになった理由の一つとして
「サラリーマンとしての仕事」が
面白くなくなったことや
会社での自分の処遇に納得がいかなかったこと
と言うのがあります。

ま、これも今にして思うと自分の中に原因の大半があるのですが

それは置いておいて
今、会社員としてやっている仕事や環境に不満があるのが理由で
副業を志したときに

例えば、異動とか昇進とか昇給で
その不満が一瞬やわらいだときに
副業から離れてしまうってことが結構多いのです

ですが、これって行動経済学や行動科学的に見ると
会社員としての異動や昇進や昇給で得られる
満足ってあまり長続きはしないとされています。

だから、ここで副業を諦めてしまうと
きっと、あとで後悔をすることになります

少し話が広がってしまいましたが

1、お勤め先の仕事の忙しさが続くことで副業から距離ができてしまう
とか
2、家族環境、家庭環境の変化で副業から距離ができてしまう
とか
3、会社員としての処遇の変化で、一瞬得られた満足感で副業へのヘネルギーが下がってしまう

こういったことが起こった後に
それでも、副業をやる、自分のビジネスを続ける
というしつこさがあるかどうか

これが、結局は副業がうまくいくかどうかを
きめる大きなポイントになります。

ぼくが、普段行っている
コーチングセッションでも目標設定するときには
期限をつけることをとても大切にします

この目標につける期限とは
今から始めるこの目標に向けての行動を
どれぐらいのスピード感でやるか
という、今の行動のスピードを決めるための
ものだと思っています。

だから、ときには目標の期限を設定しなおしても良いのです。

目標の期限に間に合わなくなっちゃったからって
目標をあきらめちゃうと、目標って達成できないですよね

だけど、

目標の期限を設定し直して
また目標に向かって行動を再開すると
目標を達成できる可能性がのこります。

だから
そう言う意味で
自分で決めた目標の期限に縛られすぎないでください

目標の期限が大事なのではなく
それよりも、目標をかなえる方がだいじなはずです。

まとめておきます
副業における最大の失敗って

実は
「何もやらなかった」とか「途中でやめちゃった」
ということだったりします。

こういう失敗をしない人の特徴は3つ

ひとつめは
いい意味で、しつこいこと
2つ目は
環境をうまく整えていること
3つ目は
仕組みをうまく作っていること

この三つです。

今日は、ひとつめの
いい意味で、しつこいこと

についてお伝えしました。

こちらの動画で、今日のおさらいをしてみてください

残りの二つ

環境をうまく整える
仕組みをうまく作っている

については、ぼくが講師を務める
副業のセミナーでお伝えしています

ご興味のある方は、ぜひ
セミナーに参加してみてください

Zoom をつかったオンラインでの
セミナーもやっています!

みなさん
正しい手洗い、バランスの取れた食事
質の良い睡眠、そして
笑顔を忘れずに
頑張らずに、がんばってこの局面を
乗り越えていきましょう!

それでは今日はここまでにします

今日も最後までお読みいただいて
ありがとうございました!

Pocket