やりたい と 行動 の間

Pocket

こんばんは

ビジネスコーチ たかぎけんじ です。

新年を迎えて多くの方が
目標を立てたり
今年はこんなことにチャレンジしてみたいと考えたり
新鮮な気持ちで日々をお過ごしになられていると思います。

実は、ぼくは先週の土曜日の朝
「ぎっくり腰」になってしまいました

もともと、頸と腰にヘルニアがあるので「ぎっくり腰」には
なりやすい方なのだと思います。

ですが、慣れていることもあって ほとんどの場合
「あ、やばそうだな」と感じると姿勢を変えたりして
動けなくなることがないように日頃からしています。

ところが、先週の土曜日のやつは別物でした・・・

朝起きて、すぐに「あ、やばそうだな」ってなったので
姿勢を変えて、痛くならないようにしたのですが
また、ちょっとした後に普段ならまったく腰に負担がなさそうな
普通に立っている姿勢の時に
ぎゅーっと腰の筋肉が締まっていく感じがして
立ったまま動けなくなってしまいました。

この土曜日には 午前中にセミナーと
午後にコーチングセッションのご予約がいくつか入っていたので

腰にサポーターを巻いて
ずいぶん前に富士山に登った時に使った登山用のストックを杖にして
出かけました。

きっと会社員の時だったら仕事を休んでいたと思います。

よく自己啓発の世界では
「やりたくて、やりたくてしょうがないことを目標にしましょう」
ということをおっしゃる方がいます。

ちょっと別な表現を使うと
「たとえ、それでもやりたいこと」

嫁さんに靴下と靴を履かせてもらって
杖をついて
ガニ股になって
赤ちゃんよりもゆっくりしか歩けないのに

「それでも、やりたいこと」

人間という生き物は
なにか新しいことに取り組もうとすると
それを「やらないもっともらしい理由」を思いつくことに天才的な能力を発揮します。

これは、ぼくたちが自分の身を守ることで生き残ってきた祖先たちの子孫だから
だとぼくは思っています。

ぼくたちは、生まれながらにして
新しいことに取り組むのが苦手なように出来ているのです。

だから、本当は多くの自己啓発家の方がおっしゃるように
「やらないもっともらしい理由」なんかには目もくれず
どんどん前に進んでいけるような
「やりたくて、やりたくてしょうがないこと」が
自分の人生の目標にできれば本当に幸せですよね。

だけど、
ついつい「だけど・・・」って思っちゃうのが
やっぱり人間という生き物ですよね。

もし、あなたが「だけど・・・」って思っちゃったら
こんなふうにしてみてください。

「小さな勇気、小さな行動」

ひとつひとつの取り組みを、とっても小さくしてください。
とっても小さくすると
「だけど・・・」って思っちゃった時に
やってみる勇気も「小さい勇気」で乗り越えることができるはず。

そして、失敗しちゃった時の痛みも
きっと小さいはず。

失敗しちゃった時にその痛みが小さければきっと
自然と「じゃあ 次はこうしてみよう、こんな風にやってみよう」って
思えるはずです。

これが、改善。

「小さな勇気、小さな行動」なら
きっと、どんな方でも自然と改善の取り組みができます。

多くの方のビジネスや人生のお手伝いをしていると
目標に向かって進んでいるうちに「それ」が
「やりたくて、やりたくてしょうがないこと」に
なっていく方たちもいらっしゃいます。

やってみなくちゃ、わからないこともありますよね。

そういう方たちには
行動が先にないと
「やりたくて、やりたくてしょうがないこと」は
見つからないのかもしれません。

だから、もしあなたが新年を迎えるにあたって
「やりたくて、やりたくてしょうがないこと」が見つかっていない
のであれば、ちょっとやってみたいなって思うことに向かって
「小さな勇気、小さな行動」をぜひやってみてください。

きっと、今までとは違う新しい一年を過ごすことのできる
あなたになれるはずです。

目標に向かって進んでいくにあたって
あなたの行動を妨げる
「やらないもっともらしい理由」のひとつに
忙しさってあるかもしれません。

今日はその忙しさ
「あれやらなくちゃ」「これやらなくちゃ」に
追いかけられている方のために動画を作りました。

週末起業、副業を挫折しない
「忙しくなっても副業、週末起業を続けられる方法」

ぜひ、こちらの動画もご覧ください
チャンネル登録もお忘れなく!

Pocket