愛娘のため?

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「みんなの笑顔がみたいから」についてお伝えします。

Facebook でぼくとつながっている方はよくご存知かもしれません。
ぼくには 娘がいます。

そして「親ばか」です(^^)

今年の4月から小学生になります。

娘の写真を見ながら
「ぼくって頭のねじがひとつ抜けているな」と想いました。
まるでバカボン パパ みたいです。

いえいえ、バカボン パパ よりもっと「ぶっちぎれ」ている感覚です。

だって、住宅ローンが65歳まで残っていて、
娘の教育にはこれからまだまだたくさんお金がかかるはず。

妻は専業主婦。

普通の方が、ここだけ見たら「会社を辞められる要素」何一つありません(><)
でも、独立しちゃったぼくは「ねじが抜けている」のです。

「娘のため」とか「家族のため」とか思っていたら独立できなかったかもしれません。

先日あるクライアントさんが「貯金減少恐怖症」という言葉をおっしゃっていました。
うん、お金が減って行くのは怖いですよね。

起業すると、お金が上手くまわらなくて「減って行く」に直面する事は多々あります。
不安を感じます。

そのたびに、「感情のデザイン」スキルを使って気持ちを立て直しします。

ぼくのロールモデルの一人 アンソニー・ロビンズさんはこう言います。
「お金で問題は解決しない。お金は問題の原因でもない」

お金がたりなくたって「クライアントさんの力になる事」や「みんなの笑顔をみる事」は出来ます。

ぼくは「みんなの笑顔をみたいから」プロフェッショナルコーチとして独立したのです。

ぼくは、自分がどんな状態でもフルアウトで「みんなの笑顔のため」に、コーチングをします。

あ、もしまだぼくとFacebookでつながっていない方がいらっしゃったらこちらからリクエストください。

http://www.facebook.com/kng1970

Pocket