人材のコモディティ化

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「個性を大切に」についてお伝えします。

これまで「出る杭」にならない様に、
なるべく「他の人と同質」であろうとしてきたサラリーマンにとってはとても痛いメッセージです。

「特殊な能力をもった一部の人を除いて、ほとんどの人は、より給料の安い人に置き換えられてしまう。」

これは、
プレジデントオンライン「なぜフェイスブックのつながりは役立たずなのか?」

http://president.jp/articles/-/14264?utm_source=0110

に書かれていた一文。

ここで言われている「特殊な能力」これって力強い個性の延長線上にある気がします。

ぼく自身、
子供の頃から「変わってるね」とか
「個性的だね」と言われると【嬉しかった】タイプなので、
サラリーマンになって個性を消していかないといけない環境に順応していくのはとても大変でした。

ぼくが「モヤモヤサラリーマン」になった原因の一つはそこにあったと感じます。
ぼくの場合は、独立をすることで「自分らしさ」を発揮することになるのですが。

さて、本当は「個性的」だけど「サラリーマン」であり続けるために
「個性を隠そう」としたり「自分らしさを否定」したりしている
「モヤモヤサラリーマン」がたくさんいるのではないかと思うと、ちょっと心配になります。

そして、もしかしたら「そのこと」があだになる時代が来ようとしているのかもしれません。

みなさん、「自分を壊して」まで我慢しないでくださいね。
あなたは、この世の中に一人しかいないあなたです。その「個性」大切にしてください。

ぼくも、一人でも多くの「モヤモヤサラリーマン」をこの世からなくすために今日も行動を続けます。

Pocket