フォーカスしている方へ進む

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

想像力を豊かにして、達成したいゴールを繰り返しイメージしましょう。
それが、ゴール達成の力を高めてくれます。

5歳の娘が最近補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。
後ろから眺めているとまだまだ危なっかしいです。

人とすれ違う時など、向かい側から歩いてくる方にぶつかりそうになります。

そんな時の娘の顔の向きを見ていると間違えなく、
“ぶつかりそうになっている相手の方を見ている”
「【あの人】にぶつからないように」と想うと【あの人】にフォーカス(焦点)が向くのですね。

人間はフォーカスを置いている方に自然と向かって行くように出来ているのです。

だから、ぶつからないようにする為には無理矢理にでも行きたい方向を見ること。
すなわち「ゴールにフォーカスを置く」こと。

これは、何も自転車だけのことではありません。

目標と言うゴールを達成する一番の秘訣は
ゴールにフォーカスを置くこと。

つまり、
「ゴールを達成している鮮明なイメージを持つこと」です。

何度も、何度も、何度も
「ゴールを達成している様子をイメージすること」

これによってあなたはゴールに向かって進んで行くことが出来ます。

わたしも毎日 朝と夜に自分がゴールを達成した時のことをイメージするように心がけています。

わたしのロールモデルの一人アンソニー・ロビンズさんはこんな言い方をされています。
「想像力を働かせよ。想像力は意思の10倍以上の力がある。」

想像力を豊かにして、達成したいゴールを繰り返しイメージしましょう。
それが、ゴール達成の力を高めてくれます。

Pocket