テレワーク、副業の問題を解決に導く最初の一歩

Pocket

こんにちは
ビジネスコーチたかぎけんじです

今日もお読みいただいて
ありがとうございます!

ぼくは、コーチングセッションを通じて
多くの方の副業のお手伝いをしてきました

副業をはじめるときに
多くの方にとっては「生まれて初めてやる」こと
にたくさん遭遇します

「生まれて初めてやる」ことに遭遇したときに
大切なのは、問題解決能力です。

今、多くの方が仕事環境やインフラの準備が
不十分な状況で取り組み始めたテレワークも
本当に「生まれて初めてやる」ことにあふれている
のではないでしょうか

つまり
テレワークにも副業にも
問題解決能力はとっても大切なスキルということになりますね

今日は、あなたがビジネスをしていて遭遇する問題を
解決に導く最初の一歩についてお伝えします

今日のお話を動画でみたい方はこちら
https://youtu.be/pnMmz7G3YOY

はじめに今日のまとめです

あなたが、副業やテレワークなどビジネスにおいて
解決すべき問題に直面したときに
一番最初にやることは

『その問題が解決した、理想の状態を描くことです』

今日は、この理想の状態を描くときに
その理想の状態に現実味を持たせる
リアリティーを高めるための
4つのポイントを用意しました

その4つのポイントとは
ひとつめ
明確さを高めること
ふたつめ
あなたの感覚に訴えること
三つ目
解決している状態の実感を高めること
四つ目
その問題が解決している証拠を示すこと

この4つです

それでは、具体的にお伝えしていきます

これからお伝えしていく4つのポイントは
ぜひ、大きめの紙を用意してその紙に
実際に書き出しながらやってみてください

おすすすめは、いつもの通りA3のコピー用紙か
プロジェクトペーパーです

では、順番にお伝えしていきましょう

まず、ひとつめ
明確さを高めること

あなたがイメージする
あなたが今、直面している問題が
解決された状態のリアリティーを高めるためには

解決された状態をより詳細に言葉で表現することです。

その問題が解決された状態を意識して
ご自身にこんな質問を投げかけてみてください

「この問題が解決された後【何が】【どうなって】いますか?」
問題が解決した後何が変わったのか
それはどうんな風に変わったのか
そして、何が変わらなかったのか
変わらなかったモノ、ことはどんな状態なのか
これを、丁寧に言葉にしてくことで

「この問題が解決された後【何が】【どうなって】いるか」
を具体的に表現をして、明確さを高めてください

ふたつめは
あなたの感覚に訴える です

あなたの感覚を使って
その問題が解決された状態の
リアリティーを高めます

あなたの感覚に訴えるために
ご自身に5つの質問を投げかけてみてください

ひとつめ
「その問題が解決したら、何が見えますか?」
ふたつめ
「その問題が解決したら、何が聴こえますか?」
三つ目
「その問題が解決したら、どんな肌触りを感じますか?」
四つ目
「その問題が解決したら、どんな香りがしますか?」
五つ目
「その問題が解決したら、どんな味がしますか?」

この5つの感覚に訴える質問では、あなたの五感を通じて
問題が解決した状態にリアリティーを持たせます

NLP 神経言語プログラミング という心理学の世界では
VAK という言葉があります

これは
Visual は 視覚、Auditory は聴覚、Kinestic は身体感覚
の頭文字をとったモノです

NLP の世界では人にはそれぞれ固有の優位な感覚があって
視覚に訴えると効果的な人
聴覚に訴えると効果的な人
身体感覚に訴えると効果的な人
というのがいるとされています

たとえば、美味しいラーメンを想像するときに
視覚を使って、ラーメンの写真を見ると想像が膨らみやすい人と
聴覚を使って、ラーメンをすする音を聴くと想像が膨らみやすい人と
身体感覚を使って、ラーメンの匂いを嗅ぐと想像が膨らみやすい人
という、タイプ分けができるのです

これは、何かを学習するときなどにも使えるとされていて

たとえば、語学を勉強するときに

視覚を使って、テキストを目で追うことで身につきやすい人
聴覚を使って、英語の音声を聴くことで身につきやすい人
身体感覚を使って、例えば英語を喋ることで身につきやすい人
が、あるので

自分がどの感覚が優位かを把握しておくことで
より効果的な学習方法を選択することができるます。

はなしが広がったので、元に戻しましょう

あなたの感覚を使って
その問題が解決された状態のリアリティーを高めるために
ご自身に5つの質問を投げかけてみてください

5つの質問、すべてに答えられなくてもよいと思いますが
いまお伝えしたVAK
視覚、聴覚、身体感覚それぞれに訴えかけてみる
ようにすると良いでしょう

三つ目
解決している状態の実感を高めること

つぎは、あなたの感情をつかって
その問題が解決された状態のリアリティーを高めます

2つの質問をご自身に投げかけてください

ひとつめ
「その問題が解決した後、あなたはどんな気持ちになりますか?」
ふたつめ
「その問題が解決した後は、いままでと何が違いますか?」

問題が解決した後
あなたがどんな感情の状態になるかを想像して
質問に答えてみてください。

三つ目はあなたの感情をつかって
その問題が解決された状態のリアリティーを高る
でした

四つ目
その問題が解決している証拠を示すこと

最後の質問は
「その問題が解決していることを、他に人からもわかるのはなぜでしょう?」
です
「だって、こうなってるもん」とか「丸々が、こうなっているから」
って答えられるようにしてください

こう答えられるようになっているということは
問題が解決している証拠を示せている問い食うことになります

今ご紹介した、4つのポイントのそれぞれの質問は
全部で12個です
順番におさらいしておきましょう

1、問題が解決した後何が変わりましたか?
2、それはどうんな風に変わりましたか?
3、問題が解決した後、何が変わらなかったですか?
4、変わらなかったモノ、ことはどんな状態ですか?

5、その問題が解決したら、何が見えますか?
6、その問題が解決したら、何が聴こえますか?
7、その問題が解決したら、どんな肌触りを感じますか?
8、その問題が解決したら、どんな香りがしますか?
9、その問題が解決したら、どんな味がしますか?

10、その問題が解決した後、あなたはどんな気持ちになりますか?
11、その問題が解決した後は、いままでと何が違いますか?

12、その問題が解決していることを、他に人からもわかるのはなぜでしょう?

この12個の質問で、あなたの問題が解決した状態の
リアリティーを高めてください

あなたの、問題解決の最初の一歩がスタートできます

それでは、今日もまとめです

ぼくがこれまでに多くの方のお手伝いをしてきた副業でも
いま、たくさんの方が不十分な環境で取り組んでいる
テレワークをより効果的、効率的にするときにも
問題解決能力はとっても大切なスキルです

その中で、あなたがビジネスをしていて遭遇する問題を
解決に導く最初の一歩は
『その問題が解決した、理想の状態を描く』ことです

今日は、この理想の状態を描くときに
その理想の状態に現実味を持たせる
リアリティーを高めるための
4つのポイントをについてお伝えしました

4つのポイントとは

ひとつめ
明確さを高めること
ふたつめ
あなたの感覚に訴えること
三つ目
解決している状態の実感を高めること
四つ目
その問題が解決している証拠を示すこと

この4つです

今日は、この4つのポイントを明確にするための12個の質問
をお伝えしました。

テレワーク、副業、ビジネスの場面で問題に直面したときに
まず、はじめにこの質問を試してみてください

今日のお話を動画にしました

ぜひ、動画でおさらいをしてみてください
チャンネル登録もお忘れなく!

みなさん、
正しい手洗い、バランスの取れた食事
質の良い睡眠、そして笑顔を心がけて
頑張らずに、がんばってこの局面を乗り越えていきましょう

それでは、今日はここまでにします
今日も最後までお読みいただいてありがとうございました!

Pocket