「ゼネラリスト」にならない

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「やりたい事をやり抜く」についてお伝えします。

サラリーマン時代には、期の変わり目の不安の種の一つは「異動」でした。
ぼく自身は、20年以上「商品部」にいて 商品をつくる仕事を中心にやっていました。

会社の仕事の中では、その仕事が一番向いていると思っていましたし、
「営業に行って」なんて言われると
生活リズムから、仕事の内容からまったく変わってしまうので なかなか大変そうです。

まして、「営業をやりたい」気持ちはまったくありませんでしたし・・・。

だから、期の変わり目になると「異動になりはしないか?」と不安になったものです。
でも、こう言う仕組みってどうやら日本特有のモノらしいです。

こんな記事を見つけました。
【「営業を経験した方がいいぞ」と、上司に異動を勧められた。どう返事すべきか】
プレジデントオンライン

http://president.jp/articles/-/14334?utm_source=0122

たしかに「ゼネラリスト」なんて違う会社に行ったら役に立たないかもしれません。
転職活動の時に説得力無いですよね。

サラリーマンでも
会社の中に「自分が本当にやりたい仕事があって、それをやり抜く事が出来れば」
もっと【モヤモヤサラリーマン】が減るかもしれませんね。

もし、会社に「コーチング」をずっとやっていていい部署があったら・・・。

いやいや、そんなことあり得ませんね。
「異動」になるかもしれないし(^^)

やっぱり、自分で「やりたい事をやり抜く」これが人生を楽しむ秘訣です。
その方法の一つは「起業」することですね。

Pocket