達成したら幸せ?

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「目標は道具」についてお伝えします。

多くの人が「夢や目標と達成したら幸せになれる」と想っていますよね。

ぼくも、特にモヤモヤサラリーマン時代はそうでした。

たとえば、役職が上がって給料が増えたら・・・
とか、やりたいことを見つけて起業できたら・・・
とか、次の誕生日に自分へのご褒美であれを手に入れたら・・・
とか、とか・・・

でも、目標が達成されて「幸せ」出られる時間って結構短くないですか?

今日 ぼくは 15年来の「未完了」だったコトを「完了」してきました。
こちらでも、以前にお伝えしている、大型二輪の免許が取得できたのです。

とくに、第一段階で10時間以上乗車するというかなりひどい状況から始まったものの、
第二段階からは普通に取りこぼしもなく卒業検定も一発で合格できました。

で、今の感想は・・・。
普通に「嬉しい」くらいかな。
飛び跳ねて喜ぶ感じ ではないのです。

もちろん「幸せ」や「嬉しさ」はたっぷり味わって良いのですが

ぼくが、あらためて大切だと今感じているのは、
このプロセスで自分自身の運転の技術が自分でわかる位上がったことです。

ぼくのメンターの一人池田貴将さんはよくこうおっしゃいます。
「目標は、自分を成長させるための道具である」と

今回のぼくに当てはめて言えば、
「公道で大型二輪車を運転するにたる、技術とマインドを持っている自分になった」ということなのですね。

だから、検定当日のちょっとしたミスで試験をもう一度という可能性はあったでしょうが、
いずれ合格できるレベルにちゃんとなっていたと言うことなのでしょう。

ぼく自身の中でも、途中から「もっと上手くなりたい」という想いが凄く強くなりました。
そして、これからも「もっと上手くなる」ために精進していきたいと感じています。
まだまだ続くと言うことですね。

さて「目標は、自分を達成させるための道具」あなたの設定している目標は、
ご自身をどんなステージへ成長させてくれますか?

Pocket