お金にフォーカスをすると

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「3年後を考え抜く」についてお伝えします。

ぼくが、サラリーマンを卒業して独立するにあたって一番「不安」を感じたのはやはりお金のこと。

そもそも、経営とは不安定なものであり、
独立とはそれを受け入れることでもあると思います。

ですが、「誰かのお役に立つため」にビジネスをするために独立をするのであれば、
あまりにコントロールが出来なくて あっという間にビジネスが続かなくなってしまうと
一番ご迷惑を掛けるのは「大切なお客様」ですね。

今日はぼくのメンターの一人 池田貴将さんのセミナーを受けてきたのですが、
そのなかで池田さんがおっしゃっていたのは
「人間は不安になればなるほど、目先の形のあるものに取り組もうとする」
ということ。

そうですね、目先のことに取り組めば「直近何とかなる気がするし」
形のあるものに取り組めば「とりあえず、体を動かすので気持ちが落ち着きやすい」
ですよね。

ですが「目先の形のあるものに取り組む」とは、
長期的な視点を持って「重要 非緊急」なことに取り組めなくなる。
ということ。

将来的な安定を手に入れたければ、
それを見据えて「重要 非緊急」なことにじっくりと取り組まなければならないはずなのに、
ついつい逆のことをしてしまうのが人間という生き物なのですね。

3年後、ぼくが大切に思っている「クライアントさん達にどうなっていて欲しいか?」
しっかりと考え抜き、行動していきたいと思います。

Pocket