ビジネスコーチが語るコーチングの効果と1人でも出来るコーチング的すっきりの方法

Pocket

こんにちは
ビジネスコーチ たかぎけんじ です。
 
いつもお読みいただきましてありがとうございます
 
先日あるクライアントさんとお話をしている時のことです
 
ご自身がビジネスコーチングを受けてどうなったか
つまり「コーチングの効果」
をビジネスの現場で周りの方達に伝えるために
 
ご自身がコーチングによって手に入れているものについて
言語化されていました。
 
その中で
整理、片付け
といった単語が出てきました
 
これってコーチングを説明するときに使える
とてもわかりやすい表現だなって思ったんです。
 
実際にぼくのコーチングセッションを
継続的にお受けいただいているクライアントさんたちに
セッションを始める前に
「今日のセッションで手に入れたいもの」は何ですか?
ってお聴きすると、多くの方が
「考えの整理」とか「気持ちの整理」
と言うふうにおっしゃいます。
 
みなさん、きっとコーチングセッションを受けることで
 
散らかっていた自分のお部屋を片付けた後と同じ様な
 
すっきりとした気持ちや
居心地が良くなった感じ
清々しさ
みたいなものを得ていらっしゃるのだと思います
 
今日は
コーチングを受けることによって得られる効果と
それに近い効果を自分自身でえらえる様にする工夫
のお話をしていこうと思います
 
今日のお話を動画で見たい方はこちらから
 
それでは、参りましょう!
 
はじめに今日のまとめです
 
今日はコーチングセッションを
お部屋の片付けに例えてお伝えしますね
 
ぼくのクライアントさんたちが
ぼくとのコーチングセッションで手に入れているものは
 
2週間に1回ぐらいのちょっとめんどくさい片付け
 
そして、今日お伝えする自分ひとりでも出来る
すっきりするための方法としては
今日の例えで言うと「日々のお片付け」にあたる
毎日の振り返りや、日記です
 
では、具体的にお話ししていきましょう
 
コーチングセッションは
2週間に1回やるちょっとめんどくさい部屋のお片付け
ってお伝えしました
 
コーチングセッションを受けると
頭と心のお片付けが出来るのでしょう
 
そのキーワードは「言語化」
だとぼくは思っています
 
 
 
この言語化によって
 
1、曖昧なことの明確化
2、視点の変化
3、思考力と行動力の回復
が、できます。
 
もう少し詳しくお話をすると
 
ぼくたちビジネスコーチが
コーチングセッションの中でやっている
一番重要なことの一つは「質問をする」ことです
 
質問をされると、人間はその答えを探そうとしますよね
その答えを出すときに
 
1、曖昧なことの明確化
たとえば、それまでは漠然と考えていたことを
明確にする必要が出てきます
明確にしないと言葉にならないですよね
 
場合によってはこれまでも考えていたつもりでも
意外と具体性に欠ける思考をしていたりすることがあるので
それらを、具体的にしないと質問に答えられない
と言うことが起こります
 
つまりこの言葉にするプロセスによって
頭の中にあることが明確になるのです
 
2、視点の変化
そして、コーチからされる視点を変える質問によって
これまでしていなかったものの見方を手に入れることができるので
新しい気づきがあったり、それによってバラバラの思考が統合されたり
と言うことが起こります
 
「あー、これってこう言うことだったんだ〜」
みたいなやつです。
 
3、思考力と行動力の回復
こういった、プロセスを経ることで
頭の中のワーキングメモリーがかいほうされて
あなたの思考力が本来の力 100%に近い状態で使える様になるので
思考力がより高い状態で物事を考えることができる様になります
 
そして、そう言った状態で、目標について考えてみると
自分にはできないと思っていたことの中に
「これならできる」って思えることが出てきたり
「あー、これすぐにやってみたい!」って言う状態になるので
あなたの行動力もアップします
 
 
これを2週間に1度のペースで行っていると
頭の中がクリアーな状態で居続けることができて
あなたの目標に向けての行動が続けていくことができる様になるでしょう
 
 
 
そして、この2週間に1回のちょっとめんどくさいお片付けをより効果的にしたり
まだ、コーチングセッションへの投資ができる環境にない方には
毎日のちょっとしたお片付けを継続することをお勧めします
 
先ほど、頭と心のお片付けのキーワードは「言語化」だと
お伝えしました
 
これを、ご自身でやってみましょう
 
お勧めなのは
 
大きめの紙に手書きをすることです
ぼくはよく「振り返り」とか「日記を書く」と言うふうにお伝えしています
 
散らかったお部屋状態からのお片付け
つまり
ちょっとモヤモヤしていたり
何からやっていいかわからない
とか
無力感を感じているとか
出来る気がしない
の様な状態のときは
 
とにかく、頭の中や心の中を書き出していきましょう
 
先ほどお伝え位した様に大きめの紙を使ったほうが良いです
描き終えた後に一覧で見ることができる様にするためです
 
おすすめはA3のコピー用紙かプロジェクトペーパーです
 
散らかったお部屋状態の時は
ルールで縛ると片付けは進まないので
「とにかく書く」をやってみてください
 
きちんとした文章にする必要はありませんし
正しい日本語である必要もありません
単語の羅列でかまいません
 
「とにかく書く」です
 
A様のクレーム
長男のお弁当
来週の会議の準備
住宅ローンの金利
上司と話してイラッとしたこと
お風呂にカビが生えた
部下が思う様に動かない
 
などなど、気がかりなことをまずは体の外に全部出しましょう
 
一通り出し終えてから
既に書き出したことを補足していってもいいですね
 
何度も言っちゃいますが
まずは、気がかりを体の外へだしてください
 
こうやって書き出してみると結構あるのが
 
わーっ 大変!
って思っていたけど、気がかりなことってけっこう数は少ないのね
なんてなったりします
 
そしたら、一つずつのことを深堀りしていきましょう
1日1個深掘りするのもいいですね
深掘りしてみると、意外と簡単にできる解決への第一歩
を思いついたりします
 
こんなふうにして、毎日気がかりを体の外に出していってください
 
だんだん頭や心がすっきりした状態で過ごせる様になるはずです
 
モヤモヤしやすい方
イライラしやすい方
無力感を感じたり
ちょっと出来る気がしない
なんて感じやすい方は、ぜひ試してみてください
 
それでは、今日のお話整理しておきましょう
 
今日は
コーチングを受けることによって得られる効果と
それに近い効果を自分自身でえらえる様にする工夫
のお話でした
 
今日はコーチングセッションを
お部屋の片付けに例えてみました
 
ぼくのクライアントさんたちが
ぼくとのコーチングセッションで手に入れているものは
 
2週間に1回ぐらいのちょっとめんどくさい片付けと
 
そして、今日お伝えする自分ひとりでも出来る
すっきりするための方法として
今日の例えで言うと「日々のお片付け」にあたる
毎日の振り返りや、日記です
 
どちらもキーワードは「言語化」
頭の中や心の中にあることを
体の外に出すことで
 
1、曖昧なことの明確化
2、視点の変化
3、思考力と行動力の回復
 
がえら得れます
 
ご自身で、とりあえずやってみようと言う時は
 
まずは、大きめの紙を用意して
気がかりなことを、すべて書き出してください
それが、頭と心のお片付けのスタートです
 
今日のお話を動画にしました
ぜひ、動画でおさらいをしてみてください
 
 
みなさん
正しい手洗い、適切なマスクの着用、ソーシャルディスタンスに気をつけて
新しい毎日を上手に楽しんでいきましょう
 
それでは
今日はここまでにします
 
今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。
Pocket