「面倒くさいな」とおもったときにやる シンプルな一つのこと

Pocket

こんにちは
ビジネスコーチたかぎけんじです
いつもお読みいただいてありがとうございます

このブログを読んでいただいてる方は
経営者の方や、副業をやっている方
ビジネスパーソンの方が多いと思うのですが

仕事でもプライベートでも
「うゎ、めんどくさいな」ってことに
直面することってありますよね

「めんどくさいこと」って
出来れば無かったことにしたいし
先延ばししておいて、やらずにすんだらやり過ごしたいな
なんて思っちゃいますよね

だけど、ビジネスパーソンあるあるだと思うのですが
「嫌だな」って思うことほど
必ず自分がやらなきゃいけないことになったりします

世界No1コーチと言われている
アンソニー・ロビンズさんは
「ゴジラは小さいうちにやっつけろ」
とおっしゃるそうです

「めんどくさいな」とか「嫌だな」って
思うことを先延ばしすると
結構 高い確率で
「もっとめんどくさいこと」になったりします

だから「めんどくさい」ことは
早めに手をつけちゃうほうが
結局効率が良かったりします

今日はビジネスコーチ的視点で
「めんどくさいな」って思うことに出会った時に
できるだけめんどくさくないようにするために
やる、シンプルな一つのことについてお伝えします

今日のお話を動画で見たい方は、こちらから

はじめに今日のまとめです

ビジネスにおいても、プライベートにおいても
ぼくたちは
「うゎ、めんどくさいな」ってことに直面することがありますよね

こういった「めんどくさいこと」「嫌なこと」って
放っておいたり、先延ばしをすると
ほとんどの場合「もっとめんどくさいこと」
になって自分に振りかかってきます

だから「めんどくさい」ことは
早めに手をつけちゃうほうが
結局効率が良かったりします

今日はビジネスコーチ的視点で
「めんどくさいな」って思うことに出会った時に
できるだけめんどくさくないようにするために
やる、シンプルな一つのことについてお伝えします

今日ぼくがご提案する
「めんどくさい」に出会った時にやってみていただくと良い
シンプルな一つのこと

それは
最初の行動をちいさくする
ということです

具体的にお伝えしていきましょう

ぼくたちが「めんどくさいな」って
思うことのほとんどは
あなたにとって、新しいこと、初めてやることであったり
経験値が豊富ではないことですよね

経験値が豊富ではないことを
やろうとするときに
人間の行動にブレーキをかけたり
「めんどくさいな」って思わせるのは

ほとんどの場合
それをやることによって
どんな変化が起こるかわからなかったり
どれぐらい大変かがわからなかったり
するからですよね

もっと大雑把に言うと
「失敗するのが怖い」
とか「大変な思いをするのが嫌だ」
という表現になると思います

たとえば、経験値が豊富ではないこと
をちょっと小さめのスケールで例えてみると

「行ったことのない定食屋さんにランチを食べに行く」としましょう

「失敗するのが怖い」
とか「大変な思いをするのが嫌だ」
と思うこととして想定されるのは

美味しくなかったらやだな
とか
お店の大将が怖い人だったらやだな
とか
狭いお店で、落ち着いて食べられなかったらやだな
とか
こういったところでしょうか?

ぼくは、こんな風にあたまに自然と浮かんでくるやつを
「やらない、もっともらしい理由」ってよんでます
あなたにも経験があると思います

でも、実際のその行動をやってみると
事前に頭の中で想像した
「やらないもっともらしい理由」の出来事って
ほとんどの場合起こりません

だから、やっちゃって大丈夫なことがおおいです
ですが「だからやってみればいいんだよ」っていっちゃうと
根性論になってしまって

「それができるならもうやってるよ」
ってお話になっちゃうと思うので

経験値が豊富ではないことに取り組もうとする時
多くの人は「めんどくさいな」とか「嫌だな」って
思うことがあって
これは人間が持っている性質の一つなので
そう思うのは当たり前だってことを受け止めておきましょう

そしてここから
あなたの体が実際に動きやすくなる方法をご提案します

今日ぼくがご提案する方法は
やることを小さく分解することです

やることを小さく分解すれば
やり始めることも簡単になるし
もし、万が一うまくいかなくても
つまり万が一失敗しても、現在のあなたの器の中で
処理できる大きさの失敗で済むことがおおいとおもいます

たとえば、先ほどの
「行ったことのない定食屋さんにランチを食べに行く」
を分解するとしたら

まずは、
定食屋さんの中を覗いてみる
ところまでやってみよう
で良いと思います

覗いてみたら
きっとフィードバックありますよね
唐揚げは美味しそうだけど
アジフライは不味そうに見えた
とか
大将じゃなくて、優しそうなおばちゃんがやってた
とか
覗くだけにしようと思ったら
おばちゃんにすっごい笑顔で「いらっしゃい」って
言われて結局お昼ご飯を食べたとか

なにかしら、変化やフィードバックがありますよね

この、変化やフィードバックは
そのものが、あなたの成長であったり

そのフィードバックによって
「じゃあ、次はこれやってみよう」とか
「次はこんなふうにしてみよう」
を手に入れることができるはずです

こうなったら、次のことやりたくなちゃいますよね
やりたくなっちゃったら、もうこっちのものです
どんどん、やっちゃいましょう

実はこの「やりたくなっちゃう」って
脳科学的にも実証されているのだそうで

人間は、やる気が出たからやるのではなくて
やり始めるとやる気が出る
のだそうです。

だから「「めんどくさいこと」「嫌なこと」に出会ったら
まず、最初の一歩を「小さく分解」してみてください

小さく分解すれば
やり始めることも簡単になるし
もし、万が一うまくいかなくても
つまり万が一失敗しても、現在のあなたの器の中で
処理できる大きさの失敗で済ませることができると思います

そして、実際に小さな一歩をふみだすと
次がやりたくて仕方なくなっちゃうのが
人間の性質のようです

それでは、今日のまとめです

ビジネスにおいても、プライベートにおいても
ぼくたちは
「うゎ、めんどくさいな」ってことに直面することがありますよね

こういった「めんどくさいこと」「嫌なこと」って
放っておいたり、先延ばしをすると
ほとんどの場合「もっとめんどくさいこと」
になって自分に振りかかってきます

だから「めんどくさい」ことは
早めに手をつけちゃうほうが
結局効率が良かったりします

今日はビジネスコーチ的視点で
「めんどくさいな」って思うことに出会った時に
できるだけめんどくさくないようにするために
やる、シンプルな一つのことについてお伝えします

今日ぼくがご提案した
「めんどくさい」に出会った時にやってみていただくと良い
シンプルな一つのこと

それは
最初の行動をちいさくする
ということです

ビジネスやプライベート
日々の生活の中で「うゎ、めんどくさいな」
ってことにであったら試してみてください

今日のお話を動画にしましした
https://youtu.be/4GeQSzDPWHM

ぜひ、動画でおさらいしてみてください

みなさん
正しい手洗い、適切なマスクの着用、ソーシャルディスタンスに気をつけて
新しいライフスタイルを、上手に楽しんでいきましょう

それでは、今日はここまでにします
今日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

Pocket