あなたの情報発信を加速させる想像力アップ法、と1発で効く必殺技

Pocket

みなさんこんにちは
ビジネスコーチたかぎけんじです
いつもお読みいただいてありがとうございます

昨日あるクライアントさんと話していてとても良いお話を聴かせていただきました

その方は、自分の商品構築のために
今、ある調べ物をしていらっしゃって
その「調べて得た知見をブログに書く」ということをなさっています

そのブログを、一緒に商品構築をなさっている仲間が
いつも読んでくれているので、
「仲間との打ち合わせがとてもスムーズでうまくいっているんですよね」
っておっしゃっていました

なるほど、これはとても良いことだなって思ったんです

今日のお話を動画で見たい方はこちらから
https://youtu.be/KU7hmbaVjYE

はじめに今日のまとめです

今日は、あなたの情報発信を加速させる想像力アップ法
についてお伝えしようとおもいます

情報発信力を高めるためには
できるだけ詳細にその情報の受け取り手
についてイメージできていることが大切です

いわゆるペルソナとか理想の顧客像って言われるやつですね

そのイメージを言語化するために今日は14のフレームをご提案します

その14個とは

1、性別
2、年齢
3、家族構成
4、職業
5、役職、地位
6、年収
7、勤務先の所在地
8、住んでいるところ
9、よくショッピングなどにいくところ
10、所属しているコミュニティ
11、趣味(休日の過ごし方)
12、大切にしているもの、こと
13、興味、関心
14、主な情報源は何か

それに合わせてこの理想の顧客像の顔写真を用意すること

です。

動画の後半では、この想像力を1発で高める
必殺技についてもお伝えします

ご自身のビジネスで
これから商品作りを始めると言う方や
これから、専門家としての情報発信を始める方
そして、すでに情報発信をしているのだけれど、なかなか発信がはかどらない
と言う方は、是非最後まで動画をご覧ください

それでは、具体的にお伝えしていきましょう

昨日あるクライアントさんと話していいるときのことです

その方は、自分の商品構築のために
今、ある調べ物をしていらっしゃって
その「調べて得た知見をブログに書く」ということをなさっています

そのブログを、一緒に商品構築をなさっている仲間が
いつも読んでくれているので、
「仲間と打ち合わせがとてもスムーズでうまくいっているんですよね」
っておっしゃっていました

なるほど、これはとても良いことだなって思ったんです

こうなると、きっとご本人はブログを書く時に
その仲間のことを頭でイメージしながら
その方に理解してもらえるようにブログを書くと思います

そうすることで、このブログはとても刺さりやすいブログになるはず

情報発信をする時に
こんな風に特定の誰かがをイメージして
その人につたえる気持ちを持って文章を書くのって
とっても大切です

なぜなら、そういう文章ってどんな人が読んでも
その人の気持ちに届きやすくなるからです

ぼくのこれまでの経験で言うと
特定の誰かにむけて発信をすることには
もう一つ良い効果があって

それは、情報発信のための文章が書きやすくなる
と言うことなんです

これも、以前に別なあるクライアントさんと話をしていて
実際に起こったことなのですが

そのクライアントさんは
最近、ブログがうまく書けなくって・・・
って悩んでいらっしゃったんです

なので、そのクライアントさんとは
ペルソナ、つまり理想の顧客像の
確認、見直しをやることにしました

理想の顧客像を見直してみると
これまで、その方が
ブログを書く時に想定している方と
ご自身のビジネスを通じてお力になりたい方
に若干のズレがあありました

その、想定とお力になりたい方の若干のズレに気づいたので
そこを修正してみると

翌日から、さらさらとブログが書けるようになったそうです

情報発信をする時には
誰かをイメージしているってやっぱり
とっても大事なんですよね

だから、ぼくがクライアントさんと一緒に
そのクライアントさんがターゲットにする理想の顧客像を
イメージする時はとっても細かいところまで設定していきます

具体的には

1、性別
2、年齢
3、家族構成
4、職業
5、役職、地位
6、年収
7、勤務先の所在地
8、住んでいるところ
9、よくショッピングなどにいくところ
10、所属しているコミュニティ
11、趣味(休日の過ごし方)
12、大切にしているもの、こと
13、興味、関心
14、主な情報源は何か

場合によっては、他のことを決め込んでもっと
細かくすることもあります

これらのことを言語化していくと

その人の
人柄や、感情の動き方、実際の生活動線、インターネット上の動線

がイメージしやすくなりますよね

さらに、これらに加えて
有名人で言うと誰に似ているかと言ったことも考えて
14項目プラスαを書き出したマインドマップに
その、似ている有名人の顔写真を貼り付けておきます

顔写真があることで、この理想の顧客像への感情移入が
しやすくなって、ますます情報発信のための文章が書きやすくなったり
書けた文章の訴えかける力が高まったりします

そして、もうひとつ
お勧めの理想の顧客像の設定方法の
情報発信力を1発で高める必殺技とは
あなたの知っている実在の誰かを理想の顧客に設定することです

これをやると
より一層 顧客の状況が把握しやすかったり
感情移入がしやすくなったりします

ほとんどの方にとって
実は、こっちの方が効果的だったりします

あなたが、力になりたい具体的な誰か
あなたが、助けてあげたい身近な誰か
を、理想の顧客にしてしまう

これは、最高にパワフルな理想の顧客像です

ただし、特定の実在の人物を理想の顧客像にした時に
注意が必要な点があります

それは、実在のご本人は
「日々の生活の中で、変化 成長していってしまう可能性がある」
と言うことです

ですので、身近な実在の人物を理想の顧客像にする場合にも
先ほどのフレームワークなどを使ってある時点で切り取った
その方の人物像を言語化しておいたほうが良いと思います

それでは、今日のお話まとめておきましょう

今日は、あなたの情報発信を加速させる想像力アップ法
についてお伝えしました

情報発信力を高めるためには
できるだけ詳細にその情報の受け取り手
についてイメージできていることが大切です

いわゆるペルソナとか理想の顧客像って言われるやつですね

そのイメージを言語化するために今日は14のフレームをご提案しました
その14個とは

1、性別
2、年齢
3、家族構成
4、職業
5、役職、地位
6、年収
7、勤務先の所在地
8、住んでいるところ
9、よくショッピングなどにいくところ
10、所属しているコミュニティ
11、趣味(休日の過ごし方)
12、大切にしているもの、こと
13、興味、関心
14、主な情報源は何か

それに合わせてこの理想の顧客像の顔写真を用意すること

です。

ご自身のビジネスで
これから商品作りを始めると言う方や
これから、専門家としての情報発信を始める方
そして、すでに情報発信をしているのだけれど、なかなか発信がはかどらない
と言う方は、試してみてください

今日のお話を動画にしました

ぜひ、動画でおさらいをしてみてください!

みなさん
正しい手洗い、マスクの着用、2mのソーシャルディスタンスをたもって
新しいライフスタイルを上手に楽しんでいきましょう

それでは、今日はここまでにします
今日も最後までお読みいただいてありがとうございました

Pocket