事業承継

Pocket

「うわー 面倒くさいな」

わたしが長年コーチングをさせていただいてきた、経営者のクライアントさんに「事業承継のためのコーチング をやりましょう。」と伝えた時の言葉です。

 

プロフェショナルコーチとして、経営者 起業家 の方達のセッションをたくさん重ねてきたなかで「この方達が 一番最後に取り組む 一番大きな課題ってなんだろう?」そう考えた時にたどり着いたのが「事業承継」でした。

 

その時点で、「事業承継」について調べてみると ほとんどの商品は M&A について語っていたり、税金対策をどのようにするかについて語っているものがほとんどでした。

 

一方「後継者」と調べてみると後継者育成に関する商品 いわゆる後継者育成塾 や 後継者育成セミナー というのもこの世には存在していました。

 

でも、わたしがやりたいことは違うのです。多くの修羅場をくぐってきた経営者の方達ですら「うわー 面倒くさい」と思う「事業承継」のための心の準備をサポートしたいと思ったのです。

 

なぜならそれが、百戦錬磨の経営者の方達が「一番最後に取り組む、一番大きな、そして一番大切な課題」だと思うからです。

 

そして、わたしの大切なクライアントさん達もいつか「事業承継」の場面を迎えます。そのときに、みなさんが笑顔で後継者にバトンを渡せるようにする手伝いをしたい。そう想うからです。

 

あなたが創った「素晴しい事業」「素敵な会社」を 社会のために未来に残していかなくてはいけません。

 

ある調査によれば、日本では年間2万4000件以上の企業が「休廃業・解散」をしています。そして その廃業理由の75%が「後継者がいない」

  • 株式会社帝国データバンク「第6回:全国「休廃業・解散」動向調査(2014年)」より

 

ですが、わたしが わたしのクライアントさん達のビジネスを未来に残したいと想うのと同じように、廃業していく会社の中には「なくしてはいけない会社」がたくさんあるはずです。

 

きっとあなたの会社もそうです。

 

あなたはこんなことで悩んでいるかもしれません。

 

適切な後継者がいない。

後継者育成が上手くいかない。

息子が会社を継いでくれそうもない。

 

だから、会社を畳もう・・・。

 

でもそれは、もしかしたらあなたがやってきた志や想いがまわりに上手く伝わっていないだけかもしれません。

 

あなたが 苦労してこの世に生み出し、血の滲むような日々を重ねて育ててきた会社をこのままなくしてしまっていいですか?

 

まだ、間に合います!

 

あなたの志をもう一度 明確にし

後継者が引き継いだ あなたの会社の未来像を描き

それを 的確に後継者候補に伝えることができれば

 

あなたの会社は未来へ続きます。

 

ですが、これらのことを あなた一人でやるのは大変です。

だから そのお手伝いをわたしにやらせてください。

 

わたしは、サラリーマンの起業支援のコーチングからスタートし約3年間で1,000回を超えるコーチングセッションを行ってきました。

 

今のわたしのクライアントさんは、経営者の方 士業の方 個人事業主の方 そして 起業をめざすサラリーマンの方達などです。

 

わたし自身も独立するまでに20年以上サラリーマンを経験していますので社員の気持ちや思考がよくわかります。

そして多くの起業家や経営者の方達とのセッションを経験していますので、起業家や経営者の方達の感情の動きや思考についてもたくさん客観的な立場でみてきました。

 

そして、あなたの会社を未来に引き継ぎ 日本をもっと素敵な国にしたい。

 

さあ、わたしと一緒にあなたの会社を未来へ引き継ぐ準備を始めましょう!

Pocket