出世しないサラリーマン

Pocket

こんばんは プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「勇気のいる選択」についてお伝えします。

これを読んでいただいている読者のあなたはよくご存知の通り、
ぼくは「出世しないサラリーマン」でした。

ぼくはなんで「出世できなかった」のでしょう?

凄くシンプルに言うとそれは
「社員として会社のニーズにこたえていない」
「部下として上司のニーズにこたえていない」

と言う事に尽きると想います。

サラリーマン当時のぼくを考えるとやはり・・・
自分の価値観を優先して「会社のニーズ」にこたえる事の優先順位が低かったのだ

と言う風に想います。
そりゃ、出世するはずないですね。

あなたがもし今 会社で上手く行っていないなぁ・・・
でも、自分の人生このまんまじゃ嫌だなぁ・・・
と感じていらっしゃるのであれば、
もう一度あなた自身の価値観を明確にしておいた方が良いかもしれません。

ぼくの場合は・・・
サラリーマンの時に既に
「自分の好きな事をして生きて行きたい」とか
「自分の価値観にあわない仕事はしたくない」という価値観が
身体からにじみ出ていたのだろうと想います。

人生のなかで、ぼくの様な考えを持つ事は決して悪い事ではありません。

こんな記事を見つけました。
「出世しなくても定年まで幸せに過ごすには」
http://president.jp/articles/-/15659

陸上競技のトップアスリート 為末大さんが書かれた記事です。

詳細は本文に譲りますが、
ぼくが感じたのは、
ご自身で大切にする価値観を選択したら
その価値観を持っていては達成できないゴールは潔く捨てる必要があるし、
その価値観の先に納得のいく未来を手に入れて行くべきなんだと言う事です。

つまり
まずはご自身の価値観を明確にする事、
そしてその価値観の先にある納得のいく未来は何なのか、
捨てるべき未来は何なのか
を言語化しておくと言う事だと想います。

ぼくは「好きな事をして生きて行く」未来を手に入れるかわりに
「サラリーマンとして成功する」という未来は捨てた。
ということになりますね。

あなたはいかがでしょうか?
もしかしたら「勇気のいる選択」が必要かもしれませんね。

ご自身で「選択する」のが不安な方はぜひ「たかぎけんじ」にお力にならせてください。

今「特盛キャンペーン」中です。
http://kng1970.tokumori2015.instapage.com/

Pocket