外へ

Pocket

こんばんは プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「コンフォートゾーンを出る」についてお伝えします。
人生の中で、次のステージに行こうと想ったら「心地よい所の外に」出なくては行けません。

以前にぼくのメンターの池田貴将さんに指摘された事があるのですが、
ぼくは、物事を考える時に過去の経験を参照することが多い様です。

もちろん「参照できる経験」がたくさんある事は良い事ですが、
そこからは「突き抜ける様な発想」はなかなか出てきません。

ぼくのロールモデルの一人 世界No.1コーチ アンソニー・ロビンズさんはこう仰っています。
「Life begins at the end of your comfort zone」

「人生は心地よい所を出る所から始まる」という意味です。

「七つの習慣」を日本に紹介した「お金の科学」のジェームス・スキナーさんも
「過去からの連続ではない将来を手に入れるためには、安心領域の外に出ろ」と仰っています。
新しい未来のためには、今までと違う事をしなくてはいけないという事ですね。

今を変えない人の、未来が変わるはずはないですものね。

こんな記事を見つけました
『心地良さに安住することが成功を妨げる』

http://goo.gl/CkVFOs

詳細は本文に譲りますが、

「心地よい事」=「成長を妨げる」
という事を、受け入れたくないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、なにかを成し遂げようと想ったら「心地よい」を優先しては上手くいかないという事ですね。

ぼく自身、最近 刺激が弱くなってきたと感じています。
ですので、自分に刺激を与えるために、小さな事から始めています。

今まで行った事のないカフェに行って仕事をする。
とか、入った事のないレストランで食事をする。

などなど。

こうしてちょっとずつ「コンフォートゾーン」を出てみると、
今まで考えても見なかった事を思いついたり、新しい出来事が起こり始めます。

居心地の悪さや、見通しが利かない不安を楽むようにしています。

最近は、どんな方法で「コンフォートゾーン」の外に出ようか?
そんな事を楽しみながら考えて、やってみる毎日です。

Pocket