ストレスは体に悪くない。副業から学ぶ上手なストレスとの付き合い方

Pocket

みなさんこんにちは
ビジネスコーチたかぎけんじです
いつもお読みいただいてありがとうございます

副業をやっている方は
お勤め先の就業時間以外の時間を活用しながらビジネスをやることになります

普通に考えると
こういった時間的制約や忙しさなどから
副業をやっていない方に比べるとより多くのストレスを感じるのではないかと思います

ですが、ぼく自身が副業として今のビジネスをやっていた2年間のことを
思い出してみると、とても楽しく元気に過ごしていた事を思い出しますし

ぼくがお手伝いをしている
副業をやっているクライアントさん達も
ほとんどの方が、みなさん生き生きとして素敵な方が多くって
ストレスで悶々としている感じであることはほとんどないのです

一方で現在の社会情勢を考えてみると
コロナ禍の現在、多くの方が環境の変化や、今までになかった制約によって
これまでよりもストレスを抱えやすい環境に置かれていると言えるでしょう

今日は
副業をやっている方たちのイキイキしている状態から考える
制約の多い環境でも、ストレスの影響を受けないようにする方法について
考えていこうと思います

今日のお話を動画で見たい方はこちらから

はじめに今日のまとめです

コロナ禍の現在、多くの方は
環境の変化や、今までになかった制約などで
ストレスを抱えやすい状況になっていると考えられます

より質の高い毎日を送っていくために
ぼく達は、これまでよりも一層
できる限りストレスを感じないようにしたり
ストレスによる悪い影響を受けないようにした方が良いですよね

今日は、副業に取り組む方たちのイキイキした様子から考える
ビジネスコーチ的ストレス対策についてお伝えしていきます

最近ストレスを感じがちだな
とか
よくストレスに流されてしまう事が多い方は
ぜひ、今日のお話最後までお読みくださいね

今日、ぼくがご提案する
副業に取り組む方たちから学ぶストレス対策の
キーワードは「幸せホルモン オキシトシン」です

オキシトシンの分泌によって
ぼくたちの体はストレス反応を起こしている状態でも
健康への害は及ぼされなくなります

その効果を発揮するためには

ストレスをチャレンジという言葉に読み替えて
あなたの心拍数の上がっている体の状態を感じたら
これからチャレンジする準備が整っているって自分自身に伝えましょう

そして、日頃から「オキシトシンの分泌」を意識して
毎日を過ごすことは、健康にも幸せを感じるのにもとても意味のあることです

オキシトシンを増やす方法として
今日ぼくがご提案するのは5つ
スキンシップが難しいコロナ禍では難しい方もいらっしゃると思うので

1、猫や犬の動画を見る
2、肌触りの良いものに触る
3、人との会話を上手に楽しむ
4、親切にする
5、冥想をする

この5つ
特に4つ目の「親切にする」は
親切にしたあなた自身のオキシトシンも
親切にした相手の方のオキシトシンも増やす事ができるので
2倍の効果です

ぜひ、小さな事で良いので1日ひとつ誰かに親切にすることを
試してみてください

それでは
具体的にお伝えしていきましょう

冒頭でもお伝えした通り
副業に取り組むぼくのクライアントさんたちは
副業をやっていないビジネスパーソンの方より
普通に考えたらストレスの多い状態にあるはずです

ですが、ぼくのクライアントさんで副業に取り組んでいらっしゃる方たちは
みなさん本当にイキイキとして、ストレスの悪い影響はあまり受けていないようです
その理由について、ぼくが色々と考えてみて辿り着いた答えは

幸せホルモンと言われる「オキシトシン」の効果です

ご存知の方も多いと思いますが
オキシトシンが分泌されることによって、ぼくたちは

幸せを感じることができたり
他者への信頼感が高まったり
記憶力が向上する
といった、効果を得ることができます

そして、もう一つ
忘れてはいけないオキシトシンの働きは
ストレスを軽くする
ということ

アメリカ合衆国の健康心理学者で
『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』
などの著書で知られる
ケリー・マクゴニガルさんはご自身のTEDでのスピーチの中で
「ストレスが健康に害を及ぼすと信じている人は死亡率が高く
ストレスが無害だと思っている人は、ストレスがなかった人よりも死亡率が低い」
とおっしゃっています

このことから、マクゴニガルさんは
ストレスがかかっている状態が健康に害を及ぼすのではなくて
ストレスが健康に害を及ぼすと信じている人にストレスがかかることによって
健康が害されると主張しています

その主張の、生物学的な根拠として
先ほどお伝えした「幸せホルモンと呼ばれるオキシトシン」をあげています

実は「オキシトシンはストレスホルモンのひとつで
人間はストレスを感じた時にアドレナリンを分泌するのと同じように
オキシトシンも分泌するのです

このオキシトシンが、ストレスがかかった時の血管収縮を抑えて血管の弛緩状態を保ったり
ストレスで破壊された心臓の細胞を再生するのだそうです

ストレスは体に悪影響を及ぼさないと思っている人は
このオキシトシンの効果によって
その思いの通り、健康に悪影響を及ぼさないのですね

ここで、もう一度オキシトシンの作用について思い出してみましょう
ストレスが軽減される事の他に
オキシトシンの作用としては

幸福感を感じること
他者への信頼感が高まること
記憶力が向上すること
などがあります

忙しい中で、副業をやってイキイキとしてるぼくのクライアントさんたちのことを
考えてみると
そして、副業をやっていて忙しかった時のぼくのことを思い出してみると

みなさん、ほぼ例外なく
それをしていることに「幸せを感じていたり」
コミュニティの仲間達に協力的なのです

これって「オキシトシン」と関係がありそうです
ここで、ぼくからのご提案です

多くの方が、副業をやっているやっていないに関わらず
コロナ禍の現在、多くの方がストレスを感じやすい状況にあると思います

もし、あなたが最近ストレスを感じやすいなと思ったら
「幸せホルモン オキシトシン」を思い出してみましょう

まずは、日頃からオキシトシンを意識して行動しましょう

そのための具体的なアクションとして5つご提案しておきます
本来では、まず一番最初にスキンシップをあげたいところですが
コロナ禍の現在は、スキンシップが難しいという方も多いと思いますので
それ以外の5つです

1、猫や犬の動画を見る
2、肌触りの良いものに触る
3、人との会話を上手に楽しむ
4、親切にする
5、冥想をする

この中でも、特におすすめなのは
4つ目の親切にすること

まず4つ目の親切にすることですが
副業に取り組んでイキイキしている方たちは
みなさん間違えなく自分のビジネスを通じて
周りの方を幸せにすることを考えています

それによって、オキシトシンの分泌が高まって
ストレスによる害が体に及ぼされていないのでしょうし
忙しさの中でも、イキイキと楽しさを感じられるのでしょう

そして、親切にすることの素晴らしいことは

親切にした側も、親切にされた側もオキシトシンの分泌が高まるということです

自分の働きかけによって、相手の方も気持ちよく健康にできるって
とっても素敵なことですよね

スマホをもってキョロキョロしている人がいたら
道を教えてあげる
とか
エレベーターが混みそうだったら、先を譲ってあげる
とか
元気がなさそうな人がいたら、面白い顔をして笑わせる
とか

なんの準備も練習もいらないと思います
今すぐできることでも良いので、ぜひ1日一つから
人に親切にするをやってみてください

それでは、今日のお話まとめておきましょう

コロナ禍の現在、多くの方は
環境の変化や、今までになかった制約などで
ストレスを抱えやすい状況になっていると考えられます

より質の高い毎日を送っていくために
ぼく達は、できる限りストレスを感じないようにしたり
ストレスによる悪い影響を受けないようにした方が良いと考えられます

今日は、副業に取り組む方たちのイキイキから考える
ビジネスコーチ的ストレス対策についてお伝えしました

今日、ぼくがご提案する
副業に取り組む方たちから学ぶストレス対策の
キーワードは「オキシトシン」です

オキシトシンの分泌によって
ぼくたちの体はストレス反応を起こしている状態でも
健康への害は及ぼされなくなります

その効果を発揮するためには

ストレスをチャレンジという言葉に読み替えて
あなたの心拍数の上がっている体の状態を感じたら
これからチャレンジする準備が整っているって自分自身に伝えましょう

そして、日頃から「オキシトシンの分泌」を意識して
毎日を過ごすことは、健康にも幸せを感じるのにもとても意味のあることです

オキシトシンを増やす方法として
スキンシップが難しいコロナ禍で5つの方法をお伝えしました

1、猫や犬の動画を見る
2、肌触りの良いものに触る
3、人との会話を上手に楽しむ
4、親切にする
5、冥想をする

この5つ
特に4つ目の「親切にする」は
親切にしたあなた自身のオキシトシンも
親切にした相手の方のオキシトシンも増やす事ができるので
2倍の効果です

ぜひ、小さな事で良いので1日ひとつ誰かに親切にすることを
試してみてください

今日のお話を動画にしました
https://youtu.be/UBw5Cfl_9j8

ぜひ、動画でおさらいをしてみてください

みなさん
正しい手洗い、適切なマスクの着用、ソーシャルディスタンスに気をつけて
新しいライフスタイルを上手に楽しんでいきましょう

それでは、今日はここまでにします
今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

Pocket