ブログ、メルマガ、YouTubeの台本、情報発信のための文章が書けないときに、文章が書けるようにする2つのワーク

Pocket

みなさんこんにちは、ビジネスコーチたかぎけんじです
今日もお読みいただいてありがとうございます。

先日の日本橋私塾の雑談会で
ある塾生の方から、今 情報の発信量をあげようと思って
がんばっているのだけれど、どうしてもネタに詰まってしまう
と言うお話がありました。

ぼくも時々、情報発信のために文章を書こうとしても
手が動かない時があります。

こういった、情報発信の文章が書けなくなっているときに
自分の中で起こっていることを分析していると
あることに気が付きます。

それは、自分の中の承認欲求の高まりです承認欲求とは
「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」
という、人間の気持ちのことです。

今の資本主義社会においては
生きていく、活動していくためには
ある程度の承認欲求は必要だと思います

お客様がその商品を買ってくれるのは
その商品の価値を認めてくれたり
その商品を提案している自分を評価してくれたり
しているからです

つまり、他者から承認される、
他の人から良い評価をされるための行動の結果として
商品は売れていきます

ですので、ぼくたちは
経済活動をするときには
他者からの承認や良い評価を得られるような

活動しているのですね。
ぼくは、
この数ヶ月間、できるだけ毎日情報発信をしようと試みています

YouTube、メルマガ、ブログ、note

そのため、朝一番にコーチングセッションのご予約が入っている日以外は
毎日、朝仕事を始める = 文章を書き始める
になっています

ですが、時々「文章を書く」ことがうまくスタート出来にない時があります

そんなときには、まず
以前にも動画などでお伝えしたように

机の向きを変えてみたり
トランポリンを飛んでみたり
いつもと違う情報のリソースをあたってみたりします

でも、それでも書けない時ってあります

そんな時の、自分を分析してみると

自分の中で何が起こっているかと言うと
ほとんどの場合「承認欲求」が高まっているのです
冒頭にお伝えした通り、承認欲求とは

「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」
という気持ちのことです。

上手い文章を書いて、読者から認められたい
とか
動画でかっこいいことを喋って、すごいって言われたい
とか

そこにはまると、ぼくの場合は
「書き始められなくなる」のです

そう「うまく書けない時」って、ほとんど
「書き始められない」んです
たとえば
「こんなネタで書いても」良かったって言ってもらえないよな
とか
「このネタって、この間書いたやつと似た内容になっちゃうから
たかぎさん、また同じこと書いて、ネタなくなったのかな」
って思われちゃうかな
とか

こうやって言語化してみると、
本当にどうでも良いことが
自分の「書く」手を止めちゃっているんだなって思います。

で、ここで
よくブログなんかが長続きする方がおっしゃるように
「どうせ、そんなに大勢の人に読まれてないんだし
読んでくれていても、そんなに細かいところまで覚えていないから
とにかく気にしないで書いちゃえば良いんだよ」
って言っちゃっても良いんですが

たぶん、それでできる人は もう書けていると思うので・・・

今日は、こう言うときに皆さんに試してみていただきたいワークを
2つご紹介します。

今日のお話を、動画で観たい方はこちらから
https://youtu.be/VvH56evpjJw

はじめに、今日のまとめです
今日は、情報発信しようと思うけど文章が書けない時の原因と
書けないを解消して、書けるようになるワーク2つをご紹介ます。

文章が書けなくなっているときに想定される原因の一つは
承認欲求が高くなっていること
です

そんな時は、承認欲求を手放すこと
自己肯定感を高めることを意識してみましょう

今日は、情報発信を進められるようにするための
高まり過ぎた承認欲求を手放すワークと

自己肯定感を高めるワークをご紹介します
情報発信をしようとするけど、文章が書けない!
ってなっちゃったときに試してみてください

二つのワークのポイントはそれぞれ

1、承認欲求を手放すこと
2、自己肯定感を上げること
この2つです。


では、順番にお伝えしていきましょう

用意するのはA3のコピー用紙か、プロジェクトペーパーと
消せないペンです

まず ひとつめの、承認欲求を手放すワークです
A3の用紙を横にして
縦に二本線を引いて三等分してください

まず、一番左端の枠に今、ネタに詰まって

文章が書けなくなっているあなた自身を客観的に書き出してください

例えば
いま、動画の台本を書こうとして
ネタが出てこなくて手が止まっているときに
昨日セッションをやったクライアントさんと
テレワーク推進のための環境構築の話をしたことを
書こうと思ったけど、きっとこれだと文章の長さが足りなくなっちゃうな
とか

この1ヶ月間はテレワーク、自宅勤務のネタばっかり書いているから
視聴者さんや読者さん、もう飽きてきちゃっているかな
とか

自宅勤務のネタって、外出自粛があけたら
みんな見てくれなくなっちゃうかな
こんな感じです

きちんとした文章にする必要もないですし
正しい日本語になっている必要もありません

とにかく、体の外に書き出すことで、
心の中、頭の中から吐き出しましょう

ちなみに、今お伝えしたやつは3つとも
今朝、本当にぼくの頭の中でめぐった思考です

いかがですか
全部「承認欲求」で行動することを否定してますよね

では、三等分した真ん中の欄に

一番左に書いた書けない理由を、承認欲求で説明してみましょう

こんな感じです

ひとつめ
短い文章だと評価されない
ふたつめ
ぼくが発信するこのネタは、飽きられちゃっていて評価されない
みっつめ
このネタは1ヶ月後には、評価されなくなっているに違いない

これで、あなたの状態をすこし客観的に捉えることができます

最後に一番右側の欄に
それでも、あなたが今日も発信をする理由を書いてください

ひとつめ
文章が短くても、今日の発進を諦めちゃうよりは
発信したほうがすっきりするし、今晩よくねむれるな

ふたつめ
今の視聴者さんは、飽きちゃっているかもしれないけど
今日初めて動画を見てくれる人もいるかもしれないな

三つ目
1ヶ月後に評価されていなくても
発進した情報のストックを一つ増やしておくことには
意味があるな

こんな感じです

こうして書き出してみると、ただの根性論とかじゃなく
そして自分の心が感じていることに無理やり蓋をすることなく

「とりあえず、書いて発信してみよう」

って思えます

この一つ目のワークで
あなたの行動を制約している
承認欲求を手放しましょう

次に、二つ目のワークです

ふたつめは、
自己肯定感を上げるワークです

これは、よくご紹介している
パワーアップクエスチョンです

世界No1コーチと言われる、アンソニー・ロビンズさんが
提唱しているものを、ちょっとたかぎ流にアレンジしています

用意するものは、先ほどと同じくA3のコピー用紙かプロジェクトペーパー
そして、消せないペンです

今からお伝えする 7つの項目を書き出してください

1、今の人生で満足していること何か?
その満足は、自分のどんな価値観を満たしてくれるのか?

2、今の人生で、ワクワクすること?
そのワクワクは、自分のどんな価値観を満たしてくれるのか?

3、今の人生で、誇れることは何か?
その誇れることは、自分のどんな価値観を満たしてくれるのか?

4、今の人生で、感謝できることは何か、感謝できる人は誰か?

5、今の人生で、楽しめることは何か?
その楽しめることは、自分のどんな価値観を満たしてくれるのか?

6、今日(今週)自分にコミットすることは何か?
その自分との約束を果たすことで、自分のどんな価値観を満たせるか?

7、今の人生で、愛情やつながるを感じることができる人は誰か?

7つの項目、それぞれについて出来れば3つずつ書き出してください

途中で、重複したりしても気にしないでどんどん書きましょう

書き終えると
はじめはどんよりしていた気持ちがすっきりすると思います
こうして、あなたの自己肯定感を高めてください

この二つのワークを、やったら
もう一度、文章を書いてみましょう

あなたが、いま感じていることを
伝えたい人に、そのまんま伝えてみませんか?

もしかしたら
2つのワークで書き出したことが、文章のネタを選ぶきっかけになるかもしれません

 

それでは、今日のまとめです
今日は、情報発信しようと思うけど文章が書けない時の原因と
書けないを解消して、書けるようになるワーク2つをご紹介しました

文章が書けなくなっているときに想定される原因の一つは
承認欲求が高くなっていること
です

承認欲求は、資本主義社会で活動していくためには
適度に持っている必要がありますが
高まり過ぎしまっているときには

あなたの行動力を制約してしまって
マイナスに作用することがあります

そんな時は、承認欲求を手放すこと
自己肯定感を高めることを意識してみましょう

今日は、情報発信を進められるようにするための
高まり過ぎた承認欲求を手放すワークと
自己肯定感を高めるワークをご紹介しました

 

情報発信をしようとするけど、文章が書けない!
ってなっちゃったときに試してみてください

 

今日のお話を動画にしました
是非、動画でおさらいをしてみてください!

みなさん、正しい手洗い、バランスの取れた食事
質の良い睡眠、そして笑顔を心がけて

頑張らずに、がんばって新しいライフスタイルを
たのしんでいきましょう

それでは今日はここまでにします
今日も最後までお読みいただいて

ありがとうございました。

Pocket