起業ネタが決まったら

Pocket

こんばんは プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「第三者目線は大切」についてお伝えします。

週末起業家として活動し初めの頃って「これで良いのかなぁ?」って
ちょっとした不安を沢山抱く時期ですよね。

ブログの文章って、こんな書き方でいいのかなぁ?
Facebook での発信はこんな内容で良いのかぁ?
とりあえず、名刺つくったけど こんな名刺を配って大丈夫かなぁ?

などなど・・・。

こんなときって、第三者の意見やアイディアが聴けるととても安心しますよね。
ぼく自身もいつも週末起業家の皆さん向けのセミナーでは
「仲間をつくりましょう」という事をお伝えしていますが、
これは第三者目線から見てもらうという意味でも すごく価値のある事ですね。

その第三者目線が、その分野の専門家だったら さらに安心度はアップしますよね。

例えば名刺
ぼくも起業以来自分でつくっていた名刺を 今年からプロにお願いする様にしました。

言葉の表現、レイアウト、写真
どれをとっても自分がひとりで決めるものとは違って来ます。

このギャップは何から来るのでしょう?
ぼくはこれも「第三者目線」かなって想っています。

自分は「ぼくはこう言う人」だと見られている
と想っている 自分像と、
周りの方が「あなたを見ている」自分像は微妙にズレているのですね。

そのズレを補正して、みなさんが「あなたを見ている」あなた像
と合致させるには 第三者目線がどうしても必要です。

プロによる第三者目線
まずは名刺作りから取り組んでみてはいかがでしょうか?

ぼくの友人で ぼくの名刺をつくってくれたご本人でもある
きりうひろきさんがこんなセミナーを開催します。
「名刺から始める週末起業スタートアップ講座」

http://www.shumatsu.net/school/meishi.html

「起業ネタが決まった、さあ次の一歩を」
と考えている週末起業家のあなたにピッタリの講座です。

あ、「ぼくの事だ」と想ったあなた 是非この講座に参加して次への一歩を踏みだしてください。
第三者目線で「あなたをどう売って行くか」が明確になりますよ(^^)

→トップページへ

Pocket