思考の幅を広げる

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「思考をひろげるツール」についてお伝えします。

「専用セッションルーム」開設の時にどうしても用意したかったのが「ホワイトボード」です。
そして、実際に稼働し始めてから、用意して本当に良かったなと思っているのが
やっぱり「ホワイトボード」です。

今では「まとめたいこと」や「整理したいこと」があると「ホワイトボード」に向かいます。
また、新しいアイディアを創出したいときも「ホワイトボード」に向かいます。

そして、そこに描くのは
トニー・ブザンさん直伝のマインドマップインストラクター(TLI) である
岡べまさみちさん直伝の マインドマップです。

http://businessmindmaps.jp/

これまでは、そう言った場面ではA4 の5mm 方眼を使っていたのですが、
「ホワイトボード」だと発想の広がりが全然違います。

以前に、ある方が「紙の大きさが、思考の幅を決める」とおっしゃっていましたが、
本当にその通りなのです。

「ホワイトボード」にのびのびと描いていくと、全然違います。
思いついたことをどんどん遠慮なく描くことが出来ます。

A4 の小さな紙面だとどうしても「書ききれないなぁ」ということがあるのですが
「ホワイトボード」だとまずそれがありません。

だからこそ、「どんどん遠慮なく」「のびのび」と描くことが出来る。
それでこそ「のびのび」とした発想が浮かぶのですね!

もちろん、クライアントさんとのセッションのログも
「ホワイトボード」に「マインドマップ」です。

「ホワイトボード」は いつでも 誰でも 使えるものではありませんが、
使う紙の大きさを大きくするだけで変わります。

ぜひ、あなたもアイディア出しをする時などに、大きい紙で試してみてください(^^)

Pocket