思い込み

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「ネガティブな信念」についてお伝えします。

だれにでも「ネガティブな思い込み」というものがあります。
心理学の世界では「信念」という言葉を使ったりします。
アンソニー・ロビンズさんは「Limiting Belief」と言います。

あなたの「ネガティブな考え(自動思考)」を生み出す根底になっている、
あなたの力を奪う「思い込み」です。

これは、最初は小さなきっかけだったネガティブな考えが、
年を重ねてたくさんの経験をした時に裏付けをされていって
強くあなたの心の中に根付いているものです。

ありがちな「ネガティブな思い込み」としては

「ぼくのことなんか誰も分かってくれない」

とか

「ぼくはダメ人間だ」

の様なもの。

ワークをやっていて見つけたぼくの「ネガティブな思い込み」の一つは

「良い人でなくてはいけない」

と言うもの。

きっと子供の頃に、親からそんなことを言われたのがきっかけだったんでしょうね(^^)

周りの方に迷惑をかけたり、
嫌がられたりすることをしてはいけない。
=> 「いい人」に見られなくてはいけない

と言った感じのもの。

ぼくがサラリーマンを卒業して独立する時に、
脚を引っ張った「思い込み」の一つもこれでした。

ぼく自身は、今でもまだこれを 完全には取りきれていはいなくて
時々顔を出すことがあります。

ぼくはこれを「良い子ビリーフ」と名付けて、
これが原因で次の行動に移れないときなどは「出た、出た【良い子ビリーフ】!」
と心の中でつぶやいて、

これから自分がやろうとする行動の影響を考えたりして
「良い子ビリーフ」にお休みをしてもらうようにしています。

ほとんどの場合、自分自身にとってあまりに「当たり前」になっていることが多くて、
見つけることが難しいかもしれません。

ぼく自身も、時間を取ってワークをやったり
自分自身を深くみつめることで見つけることが多いです。

見つかった瞬間には、結構スッキリするんですよね(^^)

お一人で難しかったら、お声がけください。
お手伝いさせて頂きます。

Pocket