有酸素運動すると、良いことが

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

昨日は、今年初ランニング。
走ってたくさん行動のためのエネルギーを手に入れて帰ってきました。

妻と娘が帰省して、一人で過ごす年末年始だったので、

仕事がしやすくなるように部屋の模様替え、
バルコニーのと窓の大掃除、
たまっていた領収書の記帳、

などなど、とてもスッキリとした気持ちなることが出来ました。

その合間を縫って、スッキリ感倍増のために昨日は今年初走り。

普段は通勤で走っているので、「走るために出かける」と言うことがありません。
昨日は時間の融通が利くので、景色を眺めながら10kmほど楽しく走ることが出来ました。

わたしがなぜ意識して「走ったり」、「歩いたり」という有酸素運動をするかと言うと、それをしている間に
「カラダがスッキリする」のはもちろん
「アタマの整理ができたり、あたらしいアイディアを思いついたり」
それによって「行動が止まってしまっていることへ動き出すきっかけになる感情の状態を手に入れることができたり」
するからです。

有酸素運動が「感情」や「脳(アタマ)」や「カラダ」をすっきりさせてくれるのには、いろいろな理由があると想いますが、
わたしは「呼吸が大切」だと考えています。

クライアントさんのお一人から教えて頂いたのですが、潜在意識を顕在化するのには、呼吸がとても大切だそうです。
大きく呼吸をすると「潜在意識と顕在意識の壁が薄くなって、潜在意識から顕在意識へとポンとでてくる」というイメージだそうです。

有酸素運動することで、普段とちがう呼吸をします。
これによって、潜在意識の中にあったものが顕在意識にでてくるのですね。

昨日のランニングでも、たくさん行動のためのエネルギーを手に入れて帰ってきました。
「感情」も「脳(アタマ)」も「カラダ」もすっきりです。これで、また皆さんのお手伝いをするパワーがアップしました。

ぜひ みなさんも、「有酸素運動」に意識して取り組んでみてください。
走るのがお好きでない方は「歩く」だけでも違います。
始める前に想像しているよりもたくさんの良いことがおこりますよ(^^)

Pocket