週末起業(副業)用の名刺を作る

Pocket

今回は週末起業(副業)用の名刺作りについてお伝えします。名刺は活用して初めて効果を発揮するものです。始めはサクッとつくってどんどん配ってみましょう。

カッコいいビジネスネームがつくれたら、そのビジネスネームで名刺を作りましょう。

ぼくの場合はインターネットを使ったマーケティング、集客が得意ではないので 見込み客の方との接点はリアルな場でつくっていきます。

そのために有効なツールが「名刺」だと考えています。

そんな ぼくが週末起業(副業)をスタートした時にやったことはとってもシンプルでした。

週末起業実践会(当時週末起業フォーラム)のイベントに毎月参加して、そこ参加者の方や講師の方たちとせっせと名刺交換をしていたのです。

そんなことをコツコツ繰り返していたら、ぼくのことを知ってくれている人が徐々に増えていきました。そうして知り合った方の中からクライアントさんになってくださった方がたくさんいらっしゃいます。

ですから、名刺はとっても大切なツールだったのです。

初めての名刺作りの心構え

ですが、もしこれを読んでいるあなたが初めて自分の名刺を作ろうとなさっているのであれば、あまり難しく考えなくても良いかも知れません。あれこれ考えてなかなか名刺が完成しないよりも、80点でも良いので名刺を印刷してどんどん名刺交換をした方が良いとぼくは思います。まずは数をこなしましょう。

それに、名刺を配ってみれば受け取った方の反応を見ることもできるので、それによって名刺を改善していくことができます。

だから、パソコンで10枚づつでいいんです。サクッと名刺を作って配ることを始めましょう。

名刺にはこの4つを書こう!

週末起業(副業)家としてその当時ぼくが名刺に書いていたのは最低限のこの4つ

  • ビジネスネーム
  • あなたのビジネスの分野が伝わる肩書き
  • ビジネスで使っていよい電話番号(個人の携帯番号や 050 で始まるIP電話などで良いと思います)
  • メールアドレス(週末起業(副業)用にメールアドレスを用意する方がよいでしょう)

さあ、サクッと名刺を作って名刺交換に出かけましょう!

週末起業(用)の名刺作りまとめ

  1. 完成度の高さを求めない(80点ぐらいでOK)
  2. 週末起業(副業)家の名刺に必要なのは4つ
    1. ビジネスネーム
    2. 肩書き
    3. 電話番号
    4. メールアドレス
  3. 大切なのはサクッと作ってどんどん配ること

 

週末起業(副業)支援 プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ

Pocket