たかぎさんはどうしてるの?

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「良くないフォーカスをどう変える?」についてお伝えします。

先日、あるクライアントさんと話している時のことです。
「最近 悪い所にフォーカスがいってしまう」
「良い所にフォーカスをした方が良いことはわかっているのだけど・・・」

「たかぎさんはどうしてるの?」

と聴かれました。

そうですね。
ぼくも、不安になったり、焦ったりすることはたくさんあります。

とくに、お金に関することは一度考え始めると、スパイラルにはまります。
「今月売上足りないなぁ・・・。」とか
「今月経費使い過ぎだな・・・。」とか
「ここに継続的な投資を続けるには、あと○○円は毎月売上が上がるようにしないと・・・。」

で、クライアントさんが「どうしてるの?」とおっしゃったのは、
どうやってフォーカスを変えるかということ。

その答えは・・・。

「トランポリン」です。

これは、アンソニー・ロビンズさんの言う所の「フィジオロジー」です。
すなわち「体の使い方」を変えるのです。

ぼくの場合は、「トランポリン」で1分間跳び続けると大体120回跳べます。

これを3分間、3ラウンドやると1000回以上跳ぶことになるのですが、
3ラウンド目には軽く息があがって、額にうっすらと汗が出る感じです。

これは、血行が良くなっている証拠。

脳に行く血液の量も増えて、思考力が上がります。
そして、ドーパミンと言う脳を活性化するホルモンも出るそうです。

特に、トランポリンのジャンプはふくらはぎの筋肉を使います。

生理学的に見た時に、
人間の心臓の筋肉が持っている拍出力では、足までいった血液を上半身に戻すことは出来ないのです。

この、足にいった血液を上半身に戻しているのは、脚の筋肉の収縮なのです。

ですから、ふくらはぎの筋肉が、「ギュ」となる感覚はとても大切です。

ちなみにトランポリンは、Amazonで4000円ぐらいで買えます。

http://goo.gl/yZNw5n

もちろん、トランポリンがなかったら床の上でジャンプしても効果はほぼ一緒です。
トランポリンより 膝と腰への負担が少し大きくなるかもしれませんのでご注意ください。

モヤモヤしたり、イライラしたらやってみてくださいね(^^)

Pocket