世の中に

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

「この世の中からモヤモヤサラリーマンをなくす」ために活動しています。

今日は「考え抜く」についてお伝えします。

ぼくは、子供の頃から「変わってるね」とか「ユニークだね」と言われることが良くありました。
B型気質なので、言われると結構 嬉しかったです。

年齢を重ねてきて「大人に」なると、それが「褒め言葉」ではないときがあることを知ります。
でも、この大人って凄くサラリーマン的・・・。
うーん 本当の大人って何だろう。

サラリーマンを卒業し独立して「たかぎけんじ」という商品を創って 売っている
ぼくにとって「たかぎけんじ」は他と同じ商品ではいけません。

「たかぎけんじ」という商品がこの世の中に居る価値がなくなってしまうからです。

それでも時々、世の中にたくさんあるビジネスのやり方で
「こうやったらうまくいくよ」とか「みんな、あれをやっているよ」なんて話を聴くと、
気持ちが弱っているときはそちらに行きたくなります。

ぼくがこの世の中に居る価値は・・・
 他にはない商品であり、
 他と違う売り方をしていて、
 他の人とは違う方法で世の中のお役に立とうとしている
からあるのですよね。

最近池田貴将さんが「思考弱者」という言葉を使います。

世の中は、人々に「考えないように、考えないように働きかけている」
そのせいで、安易に答えを求め「自分で考えること」を出来なくなっている人がふえている。
というのです。

その背景には色々なことがあるのでしょう。
でも、みんな何かの力に流されているのではないか?
って、感じたりします。

誰かに答えをもらおうとするのではなく、
「もっと お力になれる 【たかぎけんじ】になるにはどうしたら良いか?」
「もっと多くの方 のお力になる【たかぎけんじ】にはどうしたらなれるか?」
「そして【たかぎけんじ】がもっと幸せであるにはどうしたら良いか?」
考え抜いていきたいと想います。

たくさんの個性を、ぼくに与えてくれた両親に感謝です(^^)

Pocket