時間をかけて考えるのはムダ?週末起業(副業)を始める前に考えるべき「本当にやりたいこと」の見つけ方

Pocket

今日は週末起業(副業)家が一番最初に考えるべきであろうと、ぼくが思っている「本当にやりたいこと」についてお伝えします。

ポイントは3つ

1、モヤモヤした気持ちも含めて、頭に浮かぶことを紙に書き出してみる

2、紙に書き出しているうちに「やりたいことかも」と思えたものにつながる行動をハードルの低いものから一つづつやってみる

3、やってみた経験を振り返りフィードバックを受け取り、次の行動を小さく起こす。

 自分がやりたいことが何なのかわからないサラリーマン

 

「週末起業(副業)を始めたい」と考えてぼくのところにコーチングを受けに来る方達には一番初めに「ネタだし」つまり「どんな分野で起業をするか」ということを考えていただきます。ですが、本当は「起業のネタだし」という起業ありきの「やりたいこと」ではなく、あなたの人生を通じて「本当にやりたいこと」をきちんと明確にしておくことが大切だとぼくは感じています。

 

ぼく自身がモヤモヤサラリーマンだった頃、つまり、コーチングや起業、週末起業(副業)というものに出会う前にはこんなことを感じていました。

「今 サラリーマンとして居るここはぼくの本当の居場所ではないのではないか」

「ぼくはこんなことをするために生まれてきたのではない気がする」

「ぼくが本来なすべきことは他にあるのではないか」

 

漠然とそんな風に感じて居るものの「ぼくの本当になすべきこと」が何かはわからない。つまり、自分が「本当にやりたいこと」が何なのかわからない。

 ぼく自身がそんな状態でした。

これを読んでいるあなたも、今そんな事を感じているかもしれません。

 

そして、その「本当にやりたいこと」を見つけるために一所懸命考えてみるけれども、結局いつも考えが堂々巡りをしてしまい答えを見つけることができない。

 

中には、週末起業(副業)が、ぼくのやりたいことなんじゃないか?

とか、週末起業(副業)をはじめれば、それが見つかるのではないか?

 

と考えて、このページに訪れた方もいるかもしれませんね。確かに起業というプロセスの中で、自分の「本当にやりたいこと」に出会えるということはあるとおもいます。では、なぜ起業や週末起業(副業)のプロセスの中で「本当にやりたいこと」に出会えるのでしょうか?

それは、起業や週末起業(副業)のプロセスの中でこれからお伝えすることを自然とすることになるからではないかとぼくは思います。

では、なぜあなたはこれまで「本当にやりたいこと」を見つけることができなかったのでしょう?

どうしたら「本当にやりたいこと」は見つかるのか?

 

なぜ、あなたは「本当にやりたいこと」を見つけることができないのでしょう。それは、そもそも人間の思考というのは、堂々巡りするものだからです。

ですから、頭の中だけで考えていても、見つけることはできないのです。

つまり、この堂々巡りのループを切ってあげることが必要です。

そのために、まず始めにすることは「紙に書き出す」ということです。

きちんと書く必要はありません。きちんと書こうとするとそちらに意識がいって、書き出すという行為がおろそかになります。大切なのは、体の外に出す事。

上手く文章になっている必要もありません。上手な文書を書こうとするとそちらに意識がいって、書き出すという行為がおろそかになります。大切なのは、あくまで頭の中のことを体の外に出すこと。

必要なのは頭の中で、巡っているループを頭の外に出して、ループを切ってあげることです。

なので、思いついた事を 単語のままでも構いません。ときには、イラストや落書きの方がうまく想いを表現できるかもしれません。

とにかく頭の中のことを体の外に出してあげてください。

すなわち「紙に書く」という事です。

この、「紙に書く」を2、3回やって見ると、あたが「本当にやりたいこと」の候補がいくつか現れて来るのではないかと思います。

そう「もしかして、これってぼくが本当にやりたいことかもしれない」と頭をよぎったそれです。

「これかもしれない」は一つではないかもしれませんね。もちろん、「これかもしれない」はいくつあっても構いません。

とにかく紙に書き出しましょう。

そして、頭の中を「紙に書き出す」ことができたら次のステップです。

それが、「本当にやりたい」ことなのか?

 

 「紙に書き出す」の次にあなたがすることは「これかもしれない」の最初の一歩を、ちょっとだけやって見ることです。

本当に小さなことでよいので「これかもしれない」の最初の一歩をちょっとだけやってみてください。

 

もしかしたら「これかもしれない」の最初の一歩を、ちょっとだけやって見ようとしたあなたは、こんな経験をするかもしれません。

 

あなたの心がこう伝えてきます「これって本当にぼくがやりたいことなのか?」

ほとんどの人はここで最初の一歩をやることをやめてしまいます。

ですが、この「最初の一歩をやることをやめてしまう」と、あなたの「本当にやりたいこと」はみつかりません。

「本当にやりたいこと」を見つける方法は「やってみる」しかないのです。

やってみると、あなたはその経験からフィードバックを得ることができます。

そのフィードバックがあなたが「次になすべきこと」を教えてくれます。

それを、小さく繰り返していくとだんだんとあなたの心と体が、それが「本当にやりたいこと」なのか、そうではないのかを教えてくれます。 

まとめ

あなたが「本当にやりたいこと」を見つけるためには、まずは、頭の中だけで考えることをやめて紙に書き出すことをしてみましょう。そして、紙に書き出した「これがやりたいことかもしれない」と思えることの最初の一歩をやってみましょう。

それを、やってみたことを振り返ってみて次にすることを見つけて、それを、また、小さくやってみましょう。そのあとは、繰り返しです。きっと、これを繰り返しているとそれがあなたの「本当にやりたいこと」かどうかが自然とわかります。

1、モヤモヤした気持ちも含めて、頭に浮かぶことを紙に書き出してみる

2、紙に書き出しているうちに「やりたいことかも」と思えたものにつながる行動をハードルの低いものから一つづつやってみる

3、やってみた経験を振り返りフィードバックを受け取り、次の行動を小さく起こす。

週末起業(副業)支援 プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ

Pocket