不安定を楽しむ

Pocket

こんばんは
プロフェッショナルコーチ たかぎけんじ です。

今日は「安定を手放して」「不安定を楽しむ」についてお伝えします。

今日の日本経済新聞の「春秋」に 佐貫亦男 著「不安定からの発想」の引用で、
****************************************************************************
ライト兄弟が空を飛べたのは「機体を安定して飛べる構造にすることばかり考えるのを、
やめたからだという。空中で不安定になるのを最初から織り込み、
機体をいかに上手く操るかを追求した」から。
****************************************************************************

と言うようなことが書かれていました。

本誌ではここから、経営の話に移るのですが、これって人生そのものでも同じですよね。

サラリーマンを長いことやっていると、
ぼく自身がそうだったように、「心もカラダも」安定していることが当たり前になってしまいます。

サラリーマンを卒業して起業したり、
自分自身を成長させ続けるには、
「安定を手放し、不安定であることを織り込んで、その状況をいかに上手く操るか」
を実践していく必要があります。

ぼくのメンターのひとり 池田貴将さんから以前同じような話をお聞きした時に、
オートバイの運転が頭に浮かびました。

飛行機だけではありません、オートバイだって自転車だって 止まったら立っていられないですね。
不安定を受け入れて、想いきって クラッチをつないだり ペダルをこいだりしないと前に進みません。

人生も一緒、前に進もうと思ったら
安定を手放して、不安定を操ることを身につけなくてはなりませんね。

そして、速く走れば、走るほど バランスは自然ととれる・・・。

「安定を手放す勇気」「不安定を楽しむ気持ち」持ち続けていきたいです!

Pocket